2017年03月16日

帰神

中2日では、検査予約は取れず、とりあえず「いぼ痔」だけでも治そうかと肛門科に連れていって診察を受けさせてきた。

“肛門の外括約筋は少し弱ってるけど、いぼ痔は丹念に探しても無い”と先生。
“痛くもないけど、お尻を拭いたら飛び出した所がある”と母親。
‟それはシワです”と(笑)。

肛門を締める体操を教わってから、尿も便も快調みたいです。
一応、便潜血検査出してるけどね。話が後先になってるよねぇ。

帰省すると何かと片付ける雑用が出来る。
30年掛けてた「家財道具の保険」が満期に。
今の定期金利が安いから、貯蓄保険として高額の保険に入るように勧められたけど、そんなに査定は高額にとってくれないだろうと、最低限の保険に書き換えた。

あまりにも低金利の時代だから、私も何か考えないとなあ。
かといって、途中解約すると元本割れするし、保険は考えもの。

今日の夜、また青春18切符を使って、戻ってきました。

【関連する記事】
posted by メイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

帰省

昨夜、急ぎの話じゃないけどと、島の病院で母親が胃カメラと大腸内視鏡検査を受けてみるかと紹介状をもらったと連絡があった。

どういう話かよく分からないので、今日の午前中の仕事が終わってから、青春18切符の残りを使って、帰省してきました。



posted by メイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

健康診断

2/13に受診していた健康診断の結果が届きました。

会社の検診時期が変わって、前回からわずか半年。
う〜、この冬の時期は脂肪を溜め込んでるよなあ。

表面的な体側値はほとんど変化ないけど、血糖値やヘモグロビンA1C、総コレステロールの値も増加。
母親の数値と同じだわ。一応、経過観察だけど、本来ならコレステロールの薬を飲む時期に来てるのかも。

腹部エコー検査でも、脂肪肝を指摘されたし(>_<)

週1回でもウォーキングしよ!!
posted by メイ at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

いかなごのくぎ煮

今年も神戸の風物詩。「いかなごのくぎ煮」の季節が来ました。
元同僚(Jさん)に写真を言付けた際に、最近はいかなごの値段が上がって、少ししか炊かなくなったとのことですが、味見してと頂きました。

いかなごのくぎ煮_20170309.JPG早速、夕食に食べてみました。
市販の物ほど甘くなくて、ショウガも効いて美味しい。
今までもらった中で、一番私好みの味でした。
彼女も酒飲みだからかなあ(笑)。

posted by メイ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

ケーキ屋『アンデケン』:近江八幡(滋賀県)

セツブンソウふれあい祭りでお昼を食べ損ねたので、彦根でお蕎麦を食べて帰るつもりが乗り過ごし、よく知る近江八幡の『アンデケン』でお茶してきました。

フルーツタルトと紅茶_アンデケン_20170305.JPG「フルーツタルト」と「紅茶」セット(835円)

やっぱり甘すぎず、さっぱりとして美味しかった。
タルト生地も硬過ぎずず柔らか過ぎず、私好み。

posted by メイ at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

中華料理『HAKUBA』:灘区(神戸市)

阪急六甲駅より線路の北側を東に行った所に、昨年末に新しいお店がオープンしてました。

今週、友達(F.K)が確定申告も終わってホッとしてたのに、夜中に水音が。
上の階の人が洗濯の水漏れを起こしたそうです。

押し入れから1部屋が水浸し。仕事の合間を縫っての片付けに疲れたというので、気分転換にランチしてきました。

数限定の≪HAKUBAランチ≫1200円を注文。

前菜とサラダ_HAKUBA_20170304.JPG「前菜」「サラダ」

前菜は本格中華。


ご飯とスープ_HAKUBA_20170304.JPG「ご飯」「スープ」

スープはコクととろみがあって、美味しい。


主菜は「鶏肉炒め」「酢豚」の2品。
鶏肉炒め_HAKUBA_20170304.JPG 酢豚_HAKUBA_20170304.JPG
北京料理とのことだけど、甘すぎず、バランスの良い食事でした。
友達はやっとまともな物が食べれたと。
posted by メイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コミック『テルマエ・ロマエ〈VI〉』 :ヤマザキマリ (2013/6/25 ・BEAM COMIX)

テルマエロマエ6.JPG【感想】
いよいよ『テルマエ・ロマエ』も最終回です。

ルシウスが古代ローマのバイアエ浴場施設に日本のお風呂文化を持ち込んだことが発掘で判明したのには笑っちゃった。ラムネの瓶やシャワーハットって、そりゃないやろ。

ハドリアヌス帝の病が重く、少しでも癒して差し上げたいというルシウスの思いが男だねぇ。

さつきのおじいちゃんまで、古代ローマにタイムスリップ。
凄いマッサージ師として、皇帝まで治療してしまった(延命だけだけど)。

さつきの発掘費用までサポートさせる人脈持ってるし、いったい何者?!

さつきもルシウスの元へタイムスリップ。
赤ちゃんまで生まれて、めでたし、めでたし。


posted by メイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

帰神

中4日の休みもあっという間。母親を美容院に連れて行ったり、骨粗鬆症の薬を1ヶ月1回に替えたり、確定申告も済ませました。混雑回避のために地区ごとに日にちが割り振られているらしいのですが、まだ誰も言わないというので、聞きに行ったら、今日です!!って急いで書類揃えたよ。思ったより蜜柑が高く売れたみたいです。

父親は毎年のタクワン作りでも大根が余ったので、自分でぶり大根を炊いたり(便通が良くなるらしい)、妹の干した切り干し大根をひっくり返したのを弁償するのに、切り干し大根作りにはまってます(笑)。

外食したことがあまり無いから、私が普通に作る料理も珍しいらしく、美味しい美味しいと食べてくれます。
栄養バランス的にはカロリー高めになっちゃうんだけどねf(^_^;

新幹線おとなびチケットは7日前までの予約なので、用事がどうなるか分からなかったので、青春18切符で戻ってきました。

[高速バス・しまなみライナー](大島BS)10:18(4分遅れ)-11:24(福山駅)
[JR] (福山)11:32-12:33(岡山)13:13-14:17(相生)14:20-14:39(姫路)〈新快速〉14:41-15:21(三宮)
posted by メイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

『陰陽師〈玉兎(ぎょくと)ノ巻〉』:夢枕 獏(2016/9/13・文芸春秋)

陰陽師_玉兎ノ巻.jpg【内容紹介】(Amasonより)
祝・「陰陽師」シリーズ30周年!

連載開始から30年目を迎えた、大人気の『陰陽師』シリーズ。
今回も、稀代の陰陽師・安部晴明と心優しき笛の名手・源博雅が活躍するほか、
酒をこよなく愛する法師陰陽師・蘆屋道満や盲目の琵琶法師・蝉丸も登場。


☆邪蛇(じゃじゃ)狂い

些細なことで使用人を手にかける渡辺元網が蛇を殺したことで、怨霊に祟られることとなる話。

蛟(みずち)退治で有名な唐の二郎真君を使って、晴明が退治。

☆嫦娥(じょうが)の瓶(へい)

秋の虫の音が響く庭で晴明と博雅は酒を飲みながら、月蝕を見ている。

藤原兼家の観音堂の床下を掘っていたウサギは月に住む玉兎”であった。
月を浴びて育つ竹の籠に入れられて出られなくなる。

不老不死の霊薬を作って入れる水瓶を割ってしまい、観音像の持つ古い唐の瓶を取ろうとしていたとのこと。

お礼に1年間無病息災でいられる月の餅と交換。交渉成立。

☆道満月下に独酌す

歳をとって、いつまでも永らえている道満にも8年ごとに会いにくる女がいた。
まだ酒を酌み交わす良き男たちがいて、この世も面白みがあると可愛らしいことを言う。

☆輪潜り観音

梅の香りに音楽を感じていたところに、助けを求める客。

寂しく暮らす女主を、寂しく首をくくって死んだ女が引きずり込もうとする。

その死んだ女のために涙を流す晴明。
その女の姿は輪廻の中に消えていく。
博雅の笛の音が溶け込んでいく。

☆魃(ばつ)の雨

漁師が捕らえた妖魅は“赤魃”であった。

黄砂に乗って逃げ出してきたのを連れ戻しに、叔均(しゅくきん)様と応龍がやってくる。

頭の上に大きな目玉があるので雨を嫌い、旱魃を引き起こす魃だけど、龍笛で吹く雨の曲に魅せられて現れた。

☆月盗人

都落ちすると西の京に住むものなのか、この話も女と乳母の二人暮らし。

行き倒れの男を看病するうちにどちらも好きになってしまい、帰したくないと思うようになってしまった。

満月のよるの神泉苑での水を無意識にこぼしてしまったのも、不帰百合の根を飲ませたのも愛ゆえ。

さあ、この三角関係がどうなったのかは分からないが、晴明と博雅と道満が酒を飲むことが出来て良かった。

☆木犀(もくせい)月

今宵は晴明、博雅、蝉丸法師が酒を飲みながら、楽を奏でる。
そこに斧が落ちてきた。

仙人に憧れ、何年も妻を放っておいた呉鋼が帰ってみれば、妻は再婚し子をなしていた。
怒った呉鋼が夫を殺してしまったので、炎帝が仙人にする代わりに月で木犀の木を切らせることにした。

地上の木犀の香りと笛と琵琶の音に惹かれて、手がおろそかになったものらしい。

再び楽の音に乗って、月へと帰っていく。

☆水化粧(みずけわい)

昔、百済川成という絵師と飛騨工という工がお互いの技を見せ合っていた。

絵の上手と言われた巨勢広高が泣いている女にその川成の使っていた白狐の筆を与える。

これで顔を変え、男の望み通りの容姿になろうとして、鬼になってしまった哀れな女。

元の顔に戻した広高は長楽寺の寺宝となる『六道輪廻図』を描きあげ、還俗(げんぞく)することが出来たとのこと。

☆鬼瓢箪

梅の香を嗅ぎながら、博雅が呪を口にする。
名や様々な言葉という呪があってはじめて、人の心や想いは深くなるということさ。‟凄いぞ、博雅。”

兼家が不思議な病にかかる。

唐から渡ってきた巫師が異国の鬼を連れてきて、病にかけてはそれを祓うということで生活をしていたもの。
posted by メイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

帰省

仕事の郵便物を受け取ってから、おとなびチケットで帰省しました。

[新幹線・ひかり](新神戸)13:19-14:20(岡山)[新幹線・こだま](岡山)14:24-14:49(福山)

母親の骨粗鬆症の静脈注射が合わなかったようなので、どうするか相談したり、補聴器の調整の確認とか雑用を済ませるつもりです。

3/2に戻ります。
posted by メイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする