2017年09月03日

『キトラ・ボックス』: 池澤 夏樹(2017/3/25・角川)

キトラボックス_池澤夏樹.JPG【感想】キトラ古墳の話題は新聞で読んで、北斗の天体図が公開されているようなことを聞いていた。
題名に惹かれて借りてきた。

鏡や剣の話は知らなかったなあ。
どこまでが事実なのかフィクションなのかはっきり分からなかった。

本ではキトラ古墳の被葬者が阿部御主人だと特定されたと発表されている。

天川村の日月神社の御神体の銅剣に刻まれた北斗がキトラ古墳の天文図に繋がり、銅鏡が愛媛県の大三島の大山祇(おおやまづみ)神社にある銅鏡と同じ物だと繋がった。

新疆ウイグル自治区とチベットが中国からの独立デモを起こそうとしているのを阻止するために、中国がいろいろ企てている(さもありなん)。

ウイグルからの留学生・可敦さんの活躍と秘密が絡まって、壬申の乱の真相が解き明かされた?

結局のところは分からないままだけど、これが歴史ロマンというものなのでしょう。
いつかキトラ古墳と大山祇神社にも行ってみよう
posted by メイ at 00:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

『棒寿司 朝日屋』:八幡市(京都府)

京阪八幡市駅前にある100年以上の歴史のあるお店だそう。

この駅の仕事に来る友達(F.K)が私が鯖寿司を好きなことを知っているので(本人は鯖アレルギーで食べられない)、誘われて石清水八幡宮に行った際にこちらでお昼ご飯を頂きました。

鯖の棒寿司セット_朝日屋_20170902.JPG《鯖の棒寿司・うどんセット》1,300円+Tax

・鯖寿司3個
・小鉢
・きつねうどん

鯖は脂が乗って、薄い昆布も美味しかったけど、酢飯がギュッと固く鯖に対して多い気がする。
お取り寄せや持ち帰りでは特上もあるみたいなので、これは普通なのかな?

蕎麦と間違えてうどんが来た。
うどんはまるでコシが無い。
きつねはめちゃくちゃ甘すぎる。お出汁まで甘くなってたよ。

何かと話題になってるようだけど、私の中ではランク低いなあ。
posted by メイ at 12:35| Comment(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『やわた走井餅老舗』:八幡市(京都府)

走井餅店舗_20170902.JPG石清水八幡宮の門前にあるお店。


【歴史】(ホームページより)
走井餅は江戸時代中期の明和元年(1764年)に大津で創業、湧水「走井」を用いて、初代井口市郎右衛門正勝が餡餅を作ったことに始まります。

刀の荒身を模した独特の形は、平安時代に名を馳せた刀鍛冶・三條小鍛冶宗近が走井で名剣を鍛えたという故事にちなみ、剣難を逃れ、開運出世の縁起を担いだものと伝えられています。

安藤広重「東海道五十三次」の大津宿にも描かれた大津名物走井餅は、明治43年(1910年)6代井口市郎右衛門の四男嘉四郎によって、名水で名高い石清水のふもとへ引き継がれました。。

名物を頂こうと思いましたが、下に降りてくると暑い。

宇治しぐれ抹茶アイス_走井餅_20170902.JPG「宇治しぐれ抹茶アイス」600円

これでもか!ってくらい抹茶シロップがかかってる。
最初はちょっと甘かったけど、馴染んでくるといい感じ。
さすがに量はちょっと多かったけど。

白玉が2個ついてます。
抹茶アイスはプラスでトッピング。


走井餅_20170902.JPG「走井餅(5個入り)」630円

お土産に購入。
ちょっと片寄って、刀の形が分かりませんが(^^ゞ

羽二重餅とのことだったのでもっと絹触りのある触感かと思ったけど、思ったよりしっかりした硬さでした。
お店でつきたてを食べると違うのかな。
こしあんは上品な甘さ。

posted by メイ at 00:00| Comment(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

コミック『ピアノの森(25)』:一色 まこと (2014/10/23・講談社モーニングKC)

ピアノの森25_一色まこと.JPG【感想】
ポーランドの新星レフは自分が逃げたから、自分の身代わりに姉のエミリアが事故にあったと後悔し続けてきたけれど、コンクール最後に今までで一番のピアノを弾くことが出来た。

最終審査の方法を変えて、点数ではなく、順位を付けて、一番良かったピアノを1番とすること。
そして、いよいよ1位が発表される。

無名で最年少のカイ・イチノセのピアノを審査員がどう評価するのか。

カイは子供たちに幸せを届けてる。
そんな姿が微笑ましい。

まずは各賞の発表。
ポロネーズ賞、パン・ウェイ
マズルカ賞、カイ・イチノセ
コンチェルト賞、カイ・イチノセ
ソナタ賞、カイ・イチノセ

そして、ウイナー、カイ・イチノセ
歓喜の渦の中、阿字野壮介は森のピアノに、カイに出会えたことに感謝する。
posted by メイ at 00:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「巨峰」シロップ漬け

巨峰_20170820.JPG実家で父親が遊びで作ってる「巨峰」を持ち帰りました。
今年は実が付き過ぎて、本来は2個の所を1個に間引いて、袋掛けしないといけないらしいですが、素人の父親は勿体ないと全部残したら、色付かないことに(^^ゞ


巨峰のシロップ漬け_20170820.JPG最近はこんなピンクがかった品種も出回っているみたいですが、まだ少し酸っぱい。
白ワインを少し入れて、シロップ漬けにしてみました。
フレッシュで美味しかったです。

友達のアドバイスで、残りのシロップに炭酸水を入れてカクテルに。
上品で良いわ〜。

posted by メイ at 00:00| Comment(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

帰神

長いお盆休みもあっという間です。

3日間は妹も帰省してたので、料理はお任せでしたが、後は三度三度の食事を用意するのがやっと。
妹みたいにサクサクと野菜を処理できない。

母親も金融関係のことを把握出来なくなって、何度も説明したから疲れちゃったわ。
自分のことも考えないといけないから、ごっちゃごちゃ。

両親の定期的な病院通いに付き合ったりしたけど、体よりも頭が疲れた〜

[高速バス・しまなみライナー](大島BS)10:16(2分遅れ)-11:35(11分遅れ)(福山駅)

[JR] (福山)12:07-14:17(相生)14:19-14:38(姫路)〈新快速〉14:42-15:20(三宮)
posted by メイ at 00:00| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

帰省

毎日、暑い日が続きますね。

今回は新幹線の予約をしそびれたので、高速バスで帰省してますが、渋滞に引っ掛かって、やっと福山駅に着きました。
[高速バス・神戸ライナー](三宮バスターミナル)8:42(7分遅れ)-13:50(1時間45分遅れ)

[高速バス・しまなみライナー](福山駅)15:10(5分遅れ)−16:25(15分遅れ)

8/20に戻ります。
posted by メイ at 14:07| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

『ブランジェリー コムシノワ』:三宮(神戸市)

もう20年ぶり?
以前は夜もやってて、子羊のローストがハーブの種類も焼き具合も絶妙で美味しかったのになあ。
今は朝食とランチ、カフェメニューだけのようです。

仕事帰りに大阪方面の同僚(Aさん、Kさん)とランチ。
パン好きな子なので紹介しましたが、店舗リストを見ると、難波の高島屋にも入っていました。

ムール貝とズッキーニパスタ_コムシノワ_20170810.JPG「ムール貝とズッキーニパスタ」

ムール貝の出汁もニンニクも効いて、美味しい味付けでした。
サラダとパンが付きます。パンは食べ放題ですが、選ぶことはできないみたい。


アールグレイダージリンと桃のタルト_コムシノワ_20170810.JPG「アールグレイ・ダージリンと桃のタルト」

桃は1個丸ごと。種があった部分に甘くないカスタードクリームが入ってる。
タルト生地も硬すぎず柔らか過ぎず、私好み。

お茶はお店独自のブレンドらしいけど、香りが薄いし、中途半端。

posted by メイ at 00:00| Comment(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

『お好み焼きはここやねん 水口店』:甲賀市(滋賀県)

7/31から出張で泊まっているホテル駐車場に隣接しているお好み焼き屋さんに同僚(IさんとMさん)と入ってみました。

味噌だれ上ホルモン焼きそば_お好み焼きはここやねん_20170802.JPG「味噌だれ上ホルモン焼きそば」

味噌の味がどうかなと心配だったなったけど、変な癖はなく、気にならない味。
ホルモンの甘さが堪りません


明太餅チーズ玉_お好み焼きはここやねん_20170802.JPG「明太餅チーズ玉」

明太子のピリっとした味とソースがよく合います。
お餅が入っているからボリューミー。(普通が中盛かと思ったら、追加料金取られてた)。


牛カルビ玉_お好み焼きはここやねん_20170802.JPG「牛カルビ玉」

牛肉は柔らかく美味しいけど、すき焼きみたいに甘すぎるのが難点。
辛めのソースかけて、丁度いい。


とんぺい焼き_お好み焼きはここやねん_20170802.JPG「とんぺい焼き」

本来は甘口ソースとマヨネーズと青海苔が掛けてあるそうだけど、人によって好みでソースを変えたかったので、何も掛けず。

イカ焼きみたいな衣が付いているのかと思ったら、豚肉を薄焼き卵で巻いてあるだけでした。
ちょっとパンチが無い。

posted by メイ at 19:15| Comment(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

『美富久酒造』:甲賀市(滋賀県)

蔵元_美富久酒造_20170801.JPG水口には造り酒屋が多く、同僚(S.H)が仕事終わった後、酒蔵見学を予約しているというので、同行しました。

この時期はもう蔵出しも終わって、発酵の様子とかの見学は出来ませんでしたが、大きな梁のある蔵で、『もやしもん』の世界に入り込んだ気分でした。

鈴鹿山系の水が野洲川に流れ、名水という訳ではないけれど、発酵に適しているそうです。
酒米は美富久では40%〜70%に精米されたものを使っています。大吟醸となると50%以下。

麹菌を発酵させた麹米と酵母を発酵させた酒母、蒸した仕入用掛米、水を加えて、糖化・アルコール発酵されます。
酒母は速醸仕込で約10日、山廃仕込で約30日かかります。


いろいろ試飲させてもらって、山廃の方がその蔵の特徴がよく出るんだろうけど、私は香りが苦手かも。
生酒が欲しいところだけど、常温では持って帰れないので、常温で小瓶の物を購入。

クラシックミフク_美富久酒造_20170801.JPG「純米吟醸クラシックミフク」180ml(432円)

香りすっきりで甘ったるさもなく、飲みやすい。


「焼チーズケーキ」(270円)
焼チーズケーキ1_美富久酒造_20170801.JPG 焼チーズケーキ2_美富久酒造_20170801.JPG
チーズよりも酒粕の香りがプンプン!!
しっとりとして口触りは良いけど、味は予想外。
posted by メイ at 14:40| Comment(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする