2017年05月01日

居酒屋『せいご』:鶴岡市(山形県)

時間の関係で温泉旅館には泊まれなかったので、日帰り天然温泉『こまきの湯』に行って、温泉と郷土料理を味わいたかったんだけど、意外と遠くてタクシーで2000円ほど。

私はそれでも行きたかったけど、食べてお風呂に入ったらすぐに寝たいと友達は言うので、『アパホテル』の裏手と近いので、昨日行ったお店に入りました。

蕨と大山_せいご_20170501.JPG付き出しは「わらびの煮物」

日本酒は「大山(おおやま)」(特別本醸造)
山形産のお米ブランド「はえぬき」を使ったお酒。
こちらも米の旨味が味わい深く、超辛口という程ではなかったけど、飲みやすかった。


南禅寺_せいご_20170501.JPG「なんぜんじ」

品書きになんぜんじとあるから、京都の南禅寺のこと?と聞くと、江戸時代に京都から伝わったお豆腐で、鶴岡では冷奴で食べられているそうです。
お店にも依るのか、関西で食べる「南禅寺豆腐」よりトロトロで舌触りは滑らかでした。


庄内豚の串焼き_せいご_20170501.JPG「庄内豚の串焼き」

豚の脂も甘く、塩胡椒の加減も丁度よい。美味しい〜。


ホタテのバター焼き_せいご_20170501.JPG「ホタテのバター焼き」

ホタテの味も濃厚で美味しい。


カレイの唐揚げ_せいご_20170501.JPG「カレイの唐揚げ」

身が淡白でホロホロと取れて、これも美味しい。


イカの刺身_せいご_20170501.JPG「イカの刺身」

スルメイカみたいで、瀬戸内海で食べる紋甲イカほどの味はなかった。
まだ時期的に早いのかな。


モツ煮込み_せいご_20170501.JPG「モツ煮込み」

友達は食べれないけど、私が大好きなので注文。
モツも味噌も優しい味。
お隣の若夫婦にお裾分けして、おしゃべりに花が咲きました。


食後、友達と別れて、近所の『東京第一ホテル』の最上階にある露天風呂に入ってきました。(600円)
泉質は特筆すべきことはないけど、広々としたお風呂はやっぱり気持ち良いわ〜

posted by メイ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック