2017年03月19日

春の花:岡本梅林(神戸市)

今年は梅林を見に行くことがないまま、春もそこまで来ています。

岡本梅林に寄ってみると、梅はほとんど散って、他の花たちが咲き始めてました。

甘い香りを振りまいているのは「ジンチョウゲ」
ジンチョウゲ1_岡本梅林_20170319.JPG ジンチョウゲ2_岡本梅林_20170319.JPG
漢字で「沈丁花」と書き、花の香りが沈香に、花の姿が丁子に似ていることに由来するそうです。
色は赤紫色のと白色がある。

サンシュユ_岡本梅林_20170319.JPG「サンシュユ」

春を告げる花。別名:ハルコガネバナ(春黄金花)
黄色が空気を明るくする。
中国・朝鮮半島原産で、種子は生薬として使われる。


水仙_岡本梅林_20170319.JPG「スイセン」

花弁もラッパの部分も大輪で、華やか。


「ユキヤナギ」
ユキヤナギ1_岡本梅林_20170319.JPG ユキヤナギ2_岡本梅林_20170319.JPG
雪のように小さな花がたくさん。
posted by メイ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448280323
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック