2017年08月20日

帰神

長いお盆休みもあっという間です。

3日間は妹も帰省してたので、料理はお任せでしたが、後は三度三度の食事を用意するのがやっと。
妹みたいにサクサクと野菜を処理できない。

母親も金融関係のことを把握出来なくなって、何度も説明したから疲れちゃったわ。
自分のことも考えないといけないから、ごっちゃごちゃ。

両親の定期的な病院通いに付き合ったりしたけど、体よりも頭が疲れた〜

[高速バス・しまなみライナー](大島BS)10:16(2分遅れ)-11:35(11分遅れ)(福山駅)

[JR] (福山)12:07-14:17(相生)14:19-14:38(姫路)〈新快速〉14:42-15:20(三宮)
【関連する記事】
posted by メイ at 00:00| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

帰省

毎日、暑い日が続きますね。

今回は新幹線の予約をしそびれたので、高速バスで帰省してますが、渋滞に引っ掛かって、やっと福山駅に着きました。
[高速バス・神戸ライナー](三宮バスターミナル)8:42(7分遅れ)-13:50(1時間45分遅れ)

[高速バス・しまなみライナー](福山駅)15:10(5分遅れ)−16:25(15分遅れ)

8/20に戻ります。
posted by メイ at 14:07| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

『お好み焼きはここやねん 水口店』:甲賀市(滋賀県)

7/31から出張で泊まっているホテル駐車場に隣接しているお好み焼き屋さんに同僚(IさんとMさん)と入ってみました。

味噌だれ上ホルモン焼きそば_お好み焼きはここやねん_20170802.JPG「味噌だれ上ホルモン焼きそば」

味噌の味がどうかなと心配だったなったけど、変な癖はなく、気にならない味。
ホルモンの甘さが堪りません


明太餅チーズ玉_お好み焼きはここやねん_20170802.JPG「明太餅チーズ玉」

明太子のピリっとした味とソースがよく合います。
お餅が入っているからボリューミー。(普通が中盛かと思ったら、追加料金取られてた)。


牛カルビ玉_お好み焼きはここやねん_20170802.JPG「牛カルビ玉」

牛肉は柔らかく美味しいけど、すき焼きみたいに甘すぎるのが難点。
辛めのソースかけて、丁度いい。


とんぺい焼き_お好み焼きはここやねん_20170802.JPG「とんぺい焼き」

本来は甘口ソースとマヨネーズと青海苔が掛けてあるそうだけど、人によって好みでソースを変えたかったので、何も掛けず。

イカ焼きみたいな衣が付いているのかと思ったら、豚肉を薄焼き卵で巻いてあるだけでした。
ちょっとパンチが無い。

posted by メイ at 19:15| Comment(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

『美富久酒造』:甲賀市(滋賀県)

蔵元_美富久酒造_20170801.JPG水口には造り酒屋が多く、同僚(S.H)が仕事終わった後、酒蔵見学を予約しているというので、同行しました。

この時期はもう蔵出しも終わって、発酵の様子とかの見学は出来ませんでしたが、大きな梁のある蔵で、『もやしもん』の世界に入り込んだ気分でした。

鈴鹿山系の水が野洲川に流れ、名水という訳ではないけれど、発酵に適しているそうです。
酒米は美富久では40%〜70%に精米されたものを使っています。大吟醸となると50%以下。

麹菌を発酵させた麹米と酵母を発酵させた酒母、蒸した仕入用掛米、水を加えて、糖化・アルコール発酵されます。
酒母は速醸仕込で約10日、山廃仕込で約30日かかります。


いろいろ試飲させてもらって、山廃の方がその蔵の特徴がよく出るんだろうけど、私は香りが苦手かも。
生酒が欲しいところだけど、常温では持って帰れないので、常温で小瓶の物を購入。

クラシックミフク_美富久酒造_20170801.JPG「純米吟醸クラシックミフク」180ml(432円)

香りすっきりで甘ったるさもなく、飲みやすい。


「焼チーズケーキ」(270円)
焼チーズケーキ1_美富久酒造_20170801.JPG 焼チーズケーキ2_美富久酒造_20170801.JPG
チーズよりも酒粕の香りがプンプン!!
しっとりとして口触りは良いけど、味は予想外。
posted by メイ at 14:40| Comment(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『谷野製麺所』:甲賀市(滋賀県)

仕事で水口に来てます。
酒蔵見学に行く前にお昼に立ち寄りました。

TV番組「ケンミンショー」でも紹介されたお蕎麦屋さん。と言っても、中華麺の方みたいです。

《サービスランチ》 (850円)
スヤキ_谷野製麺所_20170801.JPG「スヤキ」

肉も無く、もやしとねぎのみ。
ソースも掛けずに、素焼き?
少し焦げ目の付いた麺が香ばしく、コシもあって美味しいです。
胡椒やウスターソースはお好みで。


親子丼_谷野製麺所_20170801.JPG「親子丼」

パプリカを食べさせている鶏の卵を使っているので、赤みのある濃い黄色。
こちらもなかなか旨いです。

posted by メイ at 13:40| Comment(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

『うしお食堂』の「うしお定食」:積丹半島(北海道)

神威岬の近くにある食堂で、ツアーでの昼食立ち寄り先。
いつもは混んでいるとのことで、前もって注文を取って席を確保。

うしお定食_うしお食堂_20170728.JPG最初はこの6月〜8月が旬の「ウニ丼」(3000円)を食べるつもりでしたが、バイキングの食べ過ぎで前日はお腹の調子が悪かったので、「うしお定食」を注文(1600円)。

いか・甘えび・ほたて・いくらの4種類の海鮮丼。
食材は普通に美味しかったです。
お吸い物も佃煮も普通の味で良かった(前日の寿司屋の件がありますから)。


雨の影響で、今日はお客さん少なく、別メニューでウニの入った丼を頼めば良かったなあ。
posted by メイ at 12:50| Comment(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

『ファーム富田』の「ラベンダーソフト」:富良野(北海道)

バスに乗り込む前に急いで購入。

ラベンダーソフト_ファーム富田_20170727.JPG「ラベンダーソフト」
あっという間に溶けそうだったので、カップで正解。
ほんのりラベンダーの香りがして、甘みも強くなくて美味しかったよ。

posted by メイ at 14:20| Comment(0) | 旅・観光・アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『想い出の富良野』の「ジンギスカン」:北海道

ツアーオプションの昼食。

ジンギスカン_想い出の富良野_20170727.JPG「ジンギスカン」 (1,200円)

最初にもやしを乗せて、その上にジンギスカンを乗せて焼きます。

タレがやっぱり甘めかな。
お肉は柔らかくて、ジューシー。

ご飯とお蕎麦が付いてました。
真ん中の佃煮は持ち帰り。

posted by メイ at 14:20| Comment(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

『美園アイスクリーム』の「銀山ブルーベリーアイス」:小樽(北海道)

チェックインが遅かったので、ホテル『グランドパーク小樽』が入るウイングベイ小樽はほとんど閉店してましたが、どんな物があるイオン小樽店を覗いてみました。あんまり代わり映えしないなあ。
日本全国、どこに行っても同じって淋しいね。

出入り口近くにあった『美園アイスクリーム』で休憩。
大正時代に北海道で初めて製造・販売されたお店だそうです。

銀山ブルーベリーアイス_美園アイスクリーム_20170726.JPGその頃の味を試せばよかったけど、さっぱりするかと「銀山ブルーベリーアイス」を食べてみました。

銀山というブルーベリー産地みたいだけど、酸味と甘さのバランスが悪い気がする。
う〜ん、種?何だか舌触りがゴマが入ってるみたいだった。

posted by メイ at 21:00| Comment(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『小樽 福鮨』の「小樽にぎり」:北海道

小樽にぎりと茶碗蒸し_福鮨_20170726.JPGツアーに付いてた「小樽にぎり」

夕方、新千歳空港に着いて、いきなりのにぎり寿司だったせいかネタの味が分からない。
シャリも甘めな気がする。

特別感もなく、がっかり

衝撃的なのは「茶碗蒸し」
一口食べて、???
銀杏の代わりに栗の甘露煮が入ってる。
それだけならまだしも甘露煮のお汁を入れるところもあるらしく、まるでスイーツ。
大好きな茶碗蒸しがトラウマになりそうです。


お吸い物_福鮨_20170726.JPG「お吸い物」

こちらも薄い〜。
もしかして、昆布出汁だけ?


やっぱりツアーは駄目だねぇ。
友達の知り合いが‟小樽寿司でぼったくられた”って言ってたけど、そこそこのお金出さないと良いネタは出ないってことでしょう。
posted by メイ at 20:00| Comment(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする